人類を変えた素晴らしき10の材料
その内なる宇宙を探険する 
 
マーク・ミーオドヴニク 
松井信彦 訳

272頁/定価 2100円+税
発行 インターシフト(発売 合同出版)
すぐそこにある材料の、内なる驚異の宇宙へ

・ガラスが透明なのはなぜ?
・スプーンには味がないわけ
・世界一軽いモノって?
・電子ペーパーのインクの秘密
・映画も音楽もプラスチックのおかげ
・チョコレートの美味しさの元
・・・

私たちの身近にある材料の驚くべき秘密を明かす、超話題作。
世界16ヵ国で刊行の大ベストセラー!

★年間ベストブック、多数
 ・『ニューヨークタイムズ』紙
 ・amazon.com (サイエンス部門 TOP8) カスタマーレビュー288以上!
 ・『フィナンシャル・タイムズ』紙
 ・『オブザーバー』紙
 ・『フィジクス・ワールド』誌
  ほか

★『ニューヨークタイムズ』ほかベストセラー
★英国王立協会 ウィントン賞
全米アカデミーズ コミュニケーション賞
ビル・ゲイツ氏も絶賛

★池谷裕二、瀬名秀明 氏も絶賛書評 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●マーク・ミーオドヴニク
 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の「材料と社会」学部教授。
 『タイムズ』紙による英国で最も影響力のある科学者100人に選出。
 BBCテレビのドキュメンタリー番組のプレゼンターも務める。

 著者サイトはこちら
 
 
●松井信彦(訳者)
 翻訳家。訳書にデイヴィッド・ドイッチュ『無限の始まり』(共訳)、
 サム・キーン『スプーンと元素周期表』、アダム・ラザフォード『生命創造 起源と未来』など。

 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::

 ◆「目次・はじめに・解説」のPDFはこちら 
 

◎はじめに
 すぐそこにある材料の内なる宇宙へ

◎第1章
 頑強……文明を変えた強くしなやかな「鋼鉄」

◎第2章
 信用……記憶や愛を刻印する「紙」
 
◎第3章
 基礎……社会の土台として進化する「コンクリート」
 
◎第4章
 美味……「チョコレート」の秘密

◎第5章
 驚嘆……空のかけらを生む「フォーム(泡)」 

◎第6章
 想像……映画も音楽も「プラスチック」のおかげ

◎第7章
 不可視……なぜ「ガラス」は透明なのか

◎第8章
 不可壊……「グラファイト」から世界一薄く強固な物質へ

◎第9章
 洗練……技術と芸術が融合した「磁器」

◎第10章
 不死……九八歳でサッカーを楽しむ「インプラント」の私

◎第11章
 人工……材料科学の未来

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:: 絶賛!::

私たちの日常が決して当たり前ではなく、
先人の努力と偶有性の末に成立した奇蹟であることに気付かされ、麻痺した心が潤います、
——池谷裕二『読売新聞』

見えなかった世界が見えるようになる。なんと素敵なことだろう。
——瀬名秀明『週刊朝日』

「文明」の土台を知るために
——冬木糸一「HONZ」

時間やサイズのスケールを自在に転回させながら、イノベーションとコモディティが交錯する。
実に不思議な読後感だ。
——内藤順「HONZ」

人生を語ることは材料を語ることに通ずる
——緑慎也『サンデー毎日』

博学で面白い。
——『毎日新聞 書評』 


ありきたりで取るに足りないと思われる材料の、隠された驚異を教えてくれる。
——『ニューヨークタイムズ』

才気にあふれた本書は、われわれの世界の見方を変えてしまう。
——『ウォールストリート・ジャーナル』

材料科学者である著者は、読者を魅了する情熱とともに、モノの背景をなす歴史と科学を語る。
——『サイエンティフィック・アメリカン』

あまり書かれたことのないテーマについての壮大な物語であり、魅惑と愉悦にあふれた本。
——『ポピュラー・サイエンス』

近代世界を築きあげた材料についての驚嘆すべき報告。
——『フィナンシャル・タイムズ』

ほか、『ディスカバー』『オブザーバー』『サンデータイムズ』『ガーディアン』など
多数のメディアで絶賛紹介!