宇宙の果てまで離れていても、
つながっている

量子の非局所性から「空間のない最新宇宙像」へ
 
ジョージ・マッサー 著 
吉田三知世


352頁/定価 2300円+税 発行 インターシフト(発売 合同出版)

世界の根源に空間はない」・・宇宙論の最先端へ!

★ 年間ベストブック、多数!
★ ノーベル物理学賞 F・ウィルチェック(MIT教授)激賞!

この世界の根源に「空間」は存在せず、
宇宙の果てまで離れていても互いにつながっている。

量子宇宙論の国際的リーダーたちに取材し、
「時空」「宇宙の始まり」「ブラックホール」などの
まったく新たな姿を明かす衝撃作。

・・無の泡・量子グラフィティ・アンプリチューヘドロン・超量子もつれ・・
最新キーワードを、数式をいっさい使わず、初心者にもわかりやすく紹介。

★ 別冊『日経サイエンス〜量子宇宙』で、
 村山斉・大栗博司 氏の寄稿と共に、本書抜粋が掲載

★ 年間ベストブック、多数!
・『フィジックス・ワールド』誌 年間ベストブック(2016 最終候補作)
・『シンメトリー』 誌 年間ベスト物理本(2015)
・『ギズモード』 最愛のサイエンス・ベストブック(2015)
・『Space.com』 天文学・天体物理学オールタイム・ベストブック
・ PEN / E.O. Wilsonリテラリー・サイエンス・ライティング賞(2016 候補作)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●著者 ジョージ・マッサー
科学ジャーナリスト。『サイエンティフィック・アメリカン』誌の寄稿編集者。
アメリカ天文学会より「ジョナサン・エバーハート惑星科学ジャーナリズム賞」を、
米国物理学協会より「サイエンス・コミュニケーション賞」を受賞。

●訳者 吉田三知世
翻訳家。訳書は、ロバート・P・クリース他『世界でもっとも美しい量子物理の物語』、
レオン・M. レーダーマン他『詩人のための量子力学』、スティーブン・S・ガブサー
『聞かせて、弦理論』など、多数。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

::目次::

◆「目次・はじめに」の立ち読みはこちら

はじめに: あらゆる謎の根源

第1章: 世界は局所性では解けない
魔法の量子コイン╱量子論と相対性理論の矛盾╱ブラックホールのパラドックス╱
宇宙の地平線問題╱第3の非局所性╱地下室のなかの粒子

第2章: 実在の本質を求めて
非局所性を巡る大騒ぎ╱「空間」の哲学╱世界初の「万物の理論」╱
機械的宇宙観の欠陥╱還元主義とホーリズム╱魔術と機械論╱重力戦争╱
穴だらけの境界╱「当たり前」は変化する╱「場」の導入╱新たな問題

第3章: 量子力学のジレンマ
アインシュタインの非局所性╱予測できない宇宙の侵略者╱
菜食主義の肉屋をやっている魔法使い╱
非局所性を伴う不確定性、局所性を伴う確定性╱物理学史上最も重要な対決╱
非局所性に向き合わないコペンハーゲン解釈╱EPR論文、ボーアの反論

第4章: 大論争
対立の背景╱非局所性を擁護する╱非局所性に異議を唱える╱
非局所性の代替え案(1) 超決定論╱(2) 逆向き因果╱
(3) 並行宇宙╱(4) 実在論の否定
ツァイリンガーとモードリンの対決╱より先へ進むために╱超量子╱
代替え案を検討する╱空間を捨て去る

第5章: まったく新たな空間と宇宙の姿
ループ量子重力理論と弦理論╱場の量子論╱粒子との別れ╱
裏目に出た「場」╱超量子もつれ╱ゲージの交差╱新たな種類の非局所性╱
ワームホールは非局所的だ╱時空全体への問い╱重力版のゲージ不変性╱
存在しないと同時に、いたるところに存在する╱空間の境界╱
にじんだ空間╱ブラックホールに落ちたら╱ホログラフィー原理、Ads╱CFT対応

第6章: 時空を超えて
空間より深いもの╱相互作用距離╱因果関係のウェブ╱無媒介の距離╱
潜在的な複雑性╱量子グラフィティーーネットワークとしての空間╱
行列模型╱量子もつれが空間を生み出す╱行列のなかの欠陥╱
ビッグバンの新たなシナリオ╱無の泡╱時間の問題

結び: さらなる探求へ
S行列の挫折╱星は昨日よりも近い╱アンプリチューヘドロン╱
疑問によって駆り立てられる╱身近にある最も風変わりなもの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:: 絶賛 ::
★空間、時間、宇宙への知識を進展させる鍵となる洞察にあふれた重要な本。
ーージョン・グリビン『ウォール・ストリート・ジャーナル』

★弦理論から多宇宙論まで幅広くカバーしながら、物質の奇妙な現象を解明する歴史を探求していく。
ーー『サイエンス』

★科学で最も心奪われる論争をめぐり、その研究や来歴、哲学を考察する。
ーー『ネイチャー』

★啓発的で、最高に楽しい本!
ーージム・ホルト『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』

★量子論のパラドックスと考察への格好の手引き。
ーーフランク・ウィルチェック(ノーベル物理学賞・MIT教授)

ほか、多数メディアで絶賛!